読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一の雑貨屋をめざして。

今までの道のりを振り返ったり、色々とあった出来事を綴りながら、雑貨との出会い、店作りへのこだわりなどを、自分なりに思考整理しつつ、 「最高の雑貨屋さんとはどんなものか」を探しながら記事にしています。

61, アルバイトでも、お店ができるようにする!?(1)

倒産後に設立した新会社の話 店舗巡回していた頃の話 スタッフ採用・教育

f:id:zaccania:20160513181602j:plain

WOOOOOOOOOO!!!!!

 

アルバイトに店を任せるなんて、
まるでブラック企業のような響き(笑)

巡回先の店舗で、担当の社員が2人辞めてしまって大ピンチ!
アルバイトに店を任せなければならない!
しかも月に1回しか巡回に来られない!

さあ、どうしたのか!?


この頃の、この担当店舗は、
キャラクターとステーショナリーを中心にしたお店でした。
その中に生活雑貨や、輸入菓子、化粧品、ルームフレグランスなど、
様々な商品を展開するバラエティ雑貨のお店。

商品のジャンルも広いので、
とても扱いが面倒なタイプです。
そんな店で社員だった2人がいなくなって、
そりゃ大変!

と、思っていたのですが、
新しく担当になったアルバイト2名は、
アルバイトながら、お店のオープンからいた子でしたので、
思っていた以上にしっかりとしていました。

幸いな事に、取り扱い商品のリピート発注は、
辞めていった社員から教えてもらっていたようなので、
お店のフォローはできる状態です。

あー良かった。

 

と、安心もしていられません。

「売上を伸ばすお手伝いをする。」のがお仕事。
運営費と交通費まで出してもらっているので、
バイトでもきちんと仕事ができるように指導しなければなりません。


まずは、この子の得手不得手を探してゆきました。
得意な分野があれば、まずはそこを伸ばそう。
そう思ったのです。

もちろん、それは店の売上として貢献できるものであり、
全隊の商品構成を崩さないで展開可能なもので見つける。

小さなきっかけを作って、
その子のやる気を引き出してあげるようにしました。


得意なジャンルの商品が売れた!
しかもその商品は自分のセレクトした商品だった!
こういう時は嬉しいものですよね。

嫌いなもの、苦手なものはどうしても後回しになりがち。
好きなもの、興味のあるものは、自分から進んでやってみたくなる。
誰でもそうだと思うのです。

苦手なものを、強制的にやらせると、
仕事は面白くなくなってきて、全体の売上にも影響してきます。

好きなものを自分からやってもらうようになると、
他の仕事も進んでやってくれるようになる。

その子は、和雑貨のようなテイストの商品が好きだったので、
新しく仕入先を開拓して商品を投入したり、
売場のレイアウトも、生活雑貨がメインになるように、
その子が動きやすいように変更しました。


月に1回の巡回だと、このくらいしかできません。
商品構成に、会社の方針があったならまた別の方法になりますが、
この時は、すべて任せてくれていたので、こういう事ができました。

でもね、雑貨が好きで、今のこの店で働きたいという子ですから、
そんなに大きくMDが崩れる事はないんですよね。

一部分が拡大されて、その部分の売上が、
他の部分の売上をカバーする。

お店が先にあって、後から採用された子だったので、
それができたのかもしれません。


僕がどうこうというよりも、
スタッフの素質に助けられていました。
いいスタッフに恵まれていたのかも。

ラッキー☆(笑)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
ランキングにも参加してみました。よかったら押してやってください。
「雑貨村」は始めたばかり!まだ115位です!清き一票を!

にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ            
-------------------------------------------------------------------------------------------------------