読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一の雑貨屋をめざして。

今までの道のりを振り返ったり、色々とあった出来事を綴りながら、雑貨との出会い、店作りへのこだわりなどを、自分なりに思考整理しつつ、 「最高の雑貨屋さんとはどんなものか」を探しながら記事にしています。

99, グリッドワークスという社名

独立

f:id:zaccania:20160808174215j:plain

 

ネーミングは大切ですよね。
親が子供に、様々な想いを込めて名前を付けるのといっしょ。
と、言ってもその当時は子供もいなかったのですが、
名前を付ける親の気持ちがよくわかってしまいました。


社名の発想は「工作用紙

昔から何かを作る事が好きで、
ティッシュの空箱や、
トイレットペーパーの芯、
牛乳パックなどなど、
色々なものを材料に工作をしてました。

雑貨を扱うという事は、
物を作る気持ちを扱うという事。
そもそも雑貨とは。。。

 
-----------------------------------------------------------------------------------------------
GRIDWORKSマニュアル 基本編「これだけは覚えていて欲しいこと」より
-----------------------------------------------------------------------------------------------

「 雑貨を通じて、人々の心を豊かにする 」

私たちの会社は、このミッションを行うためにあります。
なぜ、人々の心を豊かにするために、なぜ、雑貨なのか?
同じものを使うにしても、


 ちょっとデザインがいい。オシャレ。

 ちょっとかわいい。キャラクターが付いている。

 ちょっと工夫してある。   などなど。

 
少しでも何かプラスの要素があると、使う時も楽しくなる。
こうやって生まれた雑貨の存在理由を考えてみると、


 誰かを喜ばせたい

 楽しくなりたい


という気持ちが込められているのです。だから雑貨は楽しい。
自分も、周りの人も、心を豊かにしてくれる。
それが雑貨です。

そんな楽しい雑貨を、皆様にお届けするのが、
これからの、あなたの仕事です。

----------------------------------------------------------------------------------------------

新人研修用のマニュアルの1ページ目に、
これから扱う雑貨は、こんなにも楽しい、幸せになれるものなんだよ!
という意味を込めて、以上の事を書いています。

雑貨とは、何でもない「物」に、「心」を加えてできたもの

だと思っています。


同じ物でも、
デザインが良い、使いやすい物の方が、「喜んでもらえる。」
かわいいワンポイントがあると、使う時に「楽しくなる。」
相手の「喜ぶ顔」を想像しながら、その人にあったデザインの品を選ぶ。
というように、

「誰かが喜ぶ姿を、思い描きながら作られた物」

この、作り手の気持ちまで届ける事を仕事にする。
これが雑貨を扱う店の使命だと思ったからです。

 
作るというのは、楽しい事。
自分がその楽しさに気がついたのは、
紙とはさみとセロテープで何かを作っていた時。
その時に、特に好きだったのは、1cmのマス目が書かれた厚紙。
工作用紙だったのです。

最初の気持ちを忘れてはならない。
だから、社名を工作用紙にしようと思っていました。

さすがに社名が「工作用紙」だと、意味がまったくわからないし、
何より、かっこわるい(笑)

デザインをやっていたので、こういう所はこだわりました。


外国語にしようと、
辞書やネットで「工作用紙」を調べてみても出てこない。
直訳では、WORK PAPER となりますが、、、変。
方眼紙は、GRID PAPER。うーん。。。

そんな時、あるひらめきが。

パソコンが得意になったので、そんな関連文献を良く見ていたのですが、
その中に、「GRID COMPUTING」という考え方がありました。

パソコンが使われていない時間。アイドルタイムを利用して、
インターネットでつながれた無数のパソコンのアイドルタイムに、
少しだけ処理をやってもらう。
すると、無数につながれたコンピュータが、
スーパーコンピュータ以上の処理能力を得るというものです。


たくさんの人、企業とつながって、
大きな仕事(世界一の雑貨屋になる)を成し遂げたい。
その思いと重なって、

GRIDWORKS という造語が出来ました。

これが社名です。


作る人の思いを、使う人に届けたい。
そこには、たくさんの喜びが生まれてくる。
点と点を結ぶ、たくさんの線でGRIDを作って喜びの輪を広げる。
そういう意味が、社名に込められています。

こういうの考えるの、楽しい(笑)
次回は、1号店の店名を考えたお話でも。


 -------------------------------------------------------------------------------------------------------
ランキングにも参加してみました。よかったら押してやってください。
にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ                
-------------------------------------------------------------------------------------------------------