読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一の雑貨屋をめざして。

今までの道のりを振り返ったり、色々とあった出来事を綴りながら、雑貨との出会い、店作りへのこだわりなどを、自分なりに思考整理しつつ、 「最高の雑貨屋さんとはどんなものか」を探しながら記事にしています。

47, 倒産の後

倒産後に設立した新会社の話 昔働いていた雑貨屋さん

f:id:zaccania:20160402202717j:plain
こんな4人(誰がどれだかは、ご想像にお任せします…)

 

1998年3月9日。
僕が雑貨屋としてのスタートを切った会社は倒産してしまいました。
倒産時の負債総額は19億円だったと、ネットで検索したら出てきます。

19億円って…すごい額だ。

 
その当時会社には、
フランチャイズ(FC)契約しているお店が18店舗。
新規事業で出店を進めた店を含めると、
全部で23店舗ありました。

これらのお店にとって、
ほぼ唯一の仕入先がこの会社。
そうでなくても、
店の大半を仕入れている先だった会社が倒産してしまったのです。

仕入先が無くなっては、
商品の補充ができない、新製品が入荷しないので、
店の営業に支障が出てしまいます。

 

それは困った。という事で、
FC店舗のオーナーさんが集まり、
なんとか、営業ができるようにしてほしいと、
長年FC部を預かっていた部長のところへ相談に来ていたそうです。

その後、部長の家に呼ばれ、事の次第を聞き、
当時の新事業でバイヤーを務めていた1人と、
商品部で管理を務めていた1人、
そして僕がなぜか選ばれて、
4人で新会社を設立する事になったのです。


この、商品部で管理をしていた方は、
あまり接点がなかったのですが、実はすごい方でした。


創業当時、物流がなかった時代に、
部長もその方に学びながら、いっしょに物流の仕組みを作り上げたそうで、
業界にも精通している方でした。

倒産前は商品の管理をしていましたが、
バイヤーの経験もあったそうです。
静かで物腰の柔らかい方でだったのですが、
すごい方だったのです。


新会社の目的は、
オーナーさんたちが、商品の仕入れに困らないようにする事。

仕入先を開拓して、各店と口座を開設し、
発注~納品、支払いまで、滞りなく行えるようにする。
という内容です。

最初に話を聞いたときは、
まあ、どこまで続けるかわからない。
続いて3年かも。
という事でした。


僕は、何もアテがないし、部長には恩があります。
オーナーさんたちとは、あまり面識がないのですが、
役に立つなら。と、引き受ける事にしました。

考えてみればありがたい話です。
次の就職先が決まる保証なんてないですものね。


時代はバブルがはじけて8年。
世の中は就職氷河期なんて呼ばれていました。

就職したくても受け口がない。
企業も新卒の募集すら控えている。
のちに、空洞化の原因となった時代です。(1993年~2005年)


当時の僕は、やっとまともに仕事ができる。。。
(できてたのかな?)
というくらいで、本当におバカさんだったので、
拾ってもらえただけでも、ありがたい事です。

その自覚は・・・

あった・・・ハズ!(笑)

がんばろう!!(笑)

 

----------------------------------------------------------------------------------------------
ランキングにも参加してみました。よかったら押してやってください。
小売・飲食業 ブログランキングへ          
 ----------------------------------------------------------------------------------------------