読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一の雑貨屋をめざして。

今までの道のりを振り返ったり、色々とあった出来事を綴りながら、雑貨との出会い、店作りへのこだわりなどを、自分なりに思考整理しつつ、 「最高の雑貨屋さんとはどんなものか」を探しながら記事にしています。

32, 商談して不思議と社会人っぽくなった…かも

f:id:zaccania:20160314180917j:plain

その当時扱っていた「リンベル社」のカタログギフト。
今はデザインも内容も変わってますね。

 

営業企画販促課で初めてのお仕事。
カタログギフトを導入する時の事です。

カタログギフトとは、
例えば2000円のカタログを買って、それをギフトで差し上げると、
受け取った人は、カタログの中から好きなものを選べる。
というもの。
最初に話を聞いた時は、「あったまいいーー!!」と思いました。

今では色々な雑貨屋さんで、
オリジナルのカタログギフトを作るお店もあるくらい、
一般にも普及していますよね。

この頃は、結婚式やお葬式で使われるくらいで、
普通のギフトとしての需要はまだまだ少なかったように思います。
(もしかしたら僕の勉強不足だったのかも。)
 

そんなカタログギフトを、会社で導入する事になりました。
その当時の雑貨屋さんとしては珍しい事だったと思います。
他で見た事なかったし。
このネタの出所はどこの誰だったんだろう??


こういう、
商品でもない、
なんだかわからない
そんなものを扱うのが営業企画という部署のようです。
なるほど!


誰から言われたのか忘れたけど、
そのカタログギフトの会社に連絡をしろ!と言われ、
商談のアポを取る事になりました。
 
アポですよ。アポ。

みんな普通に使ってる横文字ですが、
「へ~んなの。」
と思ってたのに、自分が使う番になりました。

初めてマウスを習った時の「クリック」と同じく、
「みんな気取ってるなぁ~。」
なんて思ってましたけど、普通に使うんですよね。
なんだかくすぐったい感じ。
 

慣れないカタコトの言葉で電話をして、
担当の方に取り次いでもらい、
どうにか商談の日程を決める事ができました。
あーよかった。


初めてのアポで、戸惑ってましたけど、
それよりも、初めての商談じゃないですか!?
何を話せばいいのやら。。。


後日、商談の日。

先方の方がやってきて、
総務の大先輩から内線がかかってきました。
「藤田君、ご予約のお客様ですよ」

(うわー!来た-!)

あらかじめ予約を入れていた会議室へご案内をお願いし、
そこへ資料やら、名刺やらを持って向かいます。

(あー!緊張する!!)


ノックして会議室へ入り、
改めて名刺交換。

マナーなんかさっぱりわかりません。
誰かに聞くなり、本を読むなりしておけば良かった。。。

机越しにはダメとか。
ちゃんと立って、相手の目を見ながら名乗るとか。
相手の名刺より、高い位置で渡すか、低い位置で渡すかとか。
名刺は名刺ケースに載せておくとか。
名前を確認して、その話題に触れてみるとか。
まったく知りませんでした。。。

ぎくしゃくとした態度で名刺を交換して席に着くと、
同期がお茶を入れてくれました。
(ありがとう。。。)
 

お茶を入れてもらうの、実は苦手です。
気が引けちゃうというか、申し訳ないといういうか。
年下で、自分の部下ならいいのですけど、
同じ年とか、同期、先輩、年上の方に何かをしてもらうのって、
とても申し訳なく思ってしまいます。
 
その後の商談では、自分でお茶を持っていったりしてました。

だって、お茶を運ぶために会社へ来てるわけじゃないんですものね。
とは言え、対外的にはダメですね。こんな事をしてしまっては。
その当時は、そこまで考えが至りませんでした。


ぎくしゃくとしたマナー知らずの名刺交換も終わって、
商品の内容、取り扱い方、店頭での受付方など、色々と話しを聞きます。

一通り説明を受けて、資料をいただいたり、メモをとったりと、てんやわんや。

商談が終わると、ほーっ・・・と気が抜けてしまいました。


会社対会社として話をするって不思議ですよね。
個人で話をするのとはかなり違います。
名刺を交換した時に、
「この会社の名前で働いているんだ…」と、不思議な気持ちになりました。

会社の代表として、窓口として、お話をする。
本来であれば、店頭でお客様と接する時も、同じ事のハズなのですが、
相手が会社で、こっちも後ろにたくさんの店舗や仲間がいる。
そう思うと責任の重さが違います。

会社ってたくさんの責任を背負ったものなのですね。

 
その後、商談結果をまとめて、店舗用のマニュアルを作成に取り掛かりました。
こういうのは得意!
だったのですが、
何度も添削をしていただきました。。。

この企画は、結婚式場が近い店舗では好評で、
「当たればデカい売上構築策」として、活用していただけました。
よかった。よかった。

僕が見つけてきたら、鼻も高いのですけど、
ぎこちなく商談して、手引きを作成しただけです。
それでも、少しはお店の役に立てたので嬉しかったな。


こんな経験をちょっとずつして、
やっと社会人らしくなってきた。
と、思った出来事でした。
働くって、大変。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------
ランキングにも参加してみました。よかったら押してやってください。
小売・飲食業 ブログランキングへ          
 ----------------------------------------------------------------------------------------------