読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一の雑貨屋をめざして。

今までの道のりを振り返ったり、色々とあった出来事を綴りながら、雑貨との出会い、店作りへのこだわりなどを、自分なりに思考整理しつつ、 「最高の雑貨屋さんとはどんなものか」を探しながら記事にしています。

176, ステーショナリー雑貨のセクション誕生秘話!

f:id:zaccania:20170219102357j:plain

メンズの雑貨ってこんな感じ??

 

せっかくのお誘いでしたが、
さすがに隣に同業がいたら無理。
さすがにこれで終わりかな?と思っていたら、
そこの担当さんは、思いも寄らない事を聞いてきました。

「メンズの業態はできないですか?」

ほえ!?

確かに春日部の店は、
ステーショナリー雑貨や、インポート雑貨など
少しマニアックな商品も展開していましたが、
その当時はキャラクター雑貨へ少しづつシフトしていた時。
それを目当てにお誘いいただいた会社から、
そんな提案を受けるとは!?

でも、またとない機会。

キャラクター雑貨まみれに疑問を抱き、
色々な雑貨を広めたいと思っていて、
脱キャラクターを考えて作った宇都宮店。
そこで苦戦をしている最中にこの話。

う~ん。。。
メンズ雑貨となると、
ステーショナリー雑貨と、バッグ、革小物、喫煙具、インテリア雑貨などか。。。
それだけに特化した店は作った事ないけど、
やってみたかった店でもある。

チャンスだけど、悩むな。。。

もともとステーショナリーが大好き。

というよりも、センスがあるモノが大好き。
文具にインテリア雑貨など、
センスがいい商品がたくさんある。

デザインステーショナリー
「自由が丘系メーカー」と業界で呼ばれていた頃。
ただ単に自分が見ていなかっただけかも知れないけど、
それを扱っている店を、あまり見かけなかった。

こんな商品を扱いたかったのも、
独立した理由の一つ。

春日部のオープンの時に集めたその商品は、
地元の人に馴染めずに縮小傾向。
宇都宮の店でも縮小傾向。
それが再びここで挑戦できる!

でも、冷静になって考えてみれば、
縮小せざるを得ない商品群。
それで売上を作れるのか??

それだけではなく、
悩んでいた理由がもう1つ。
たぶん、言えば誰もが「やめろ!」という理由。

それは、
出店場所が、
あの、「黄色い店」の目の前という事。

半分文房屋と言ってもいいくらいの品揃えで、
バッグに雑貨、腕時計や化粧品まで
ありとあらゆる品揃えをしてくる、
雑貨業界の雄。

あの店を前にして、
文具や雑貨で立ち向かう事ができるのか!?

ムリムリムリ!!

でも。。。

  • メンズ雑貨の店、
    やっていなぁ。

もやもやしながら、即答はせずに、
担当さんへ考える時間をいただき、
その日は持ち帰る事にするのでした。


そんなねぇ。
恐竜に喧嘩を売るような。。。
ねぇ。。。

ニヤリ(笑)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
いつもぽっとありがとうございます!
ランキングが上がることが、結構モチベーションにつながります!
にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ                
-----------------------------------------------------------------------------------