読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一の雑貨屋をめざして。

今までの道のりを振り返ったり、色々とあった出来事を綴りながら、雑貨との出会い、店作りへのこだわりなどを、自分なりに思考整理しつつ、 「最高の雑貨屋さんとはどんなものか」を探しながら記事にしています。

142, 催事のサイドストーリー

くだらない話 催事
f:id:zaccania:20161123204917j:plain

シシ神は生命を与えもし、奪いもする。そんな事も忘れたのか猪共め・・・
変な病気にかかってしまいました。。。

10日間に渡った催事出店。

什器を買って、商品を用意して、
2時間近くかかるお店へ毎日通い、
朝の4時まで撤収作業をして、
残った什器や在庫を倉庫や店に入れて、
やっとの思いで終わりを迎えた、波乱万丈の催事出店。

実は、その期間中に、
変な湿疹が顔や体にできるという、
謎の奇病にかかっていました。

普段なら医者嫌いの僕ですが、
さすがに顔に出てきたのは商売上よくない。
という事で、やむなく医者に行くことにしました。

とはいえ、
往復4時間&朝から晩まで働いているので、
医者に行く暇もありません。

そこで思いつきました。
催事出店先の街に医者はないのか!?
(だれでも、それくらいは考えるだろう(笑))

あの頃は、2008年。

iPhoneに買い換えたのが、この数ヶ月後なので、
使っていた携帯はガラケー
しかも、PHSという、またレアなガラガラケー(笑)
それでも、確かインターネットで調べたのかな・・・?
なんとか病院を探し当てました。

店から歩いて10分くらいの場所にある、
病院が複数入る雑居ビルの1つ。

入ってみると、待っている人もそこそこいて、
「ああ、とりあえずハズレじゃなさそうだ」
と、安心して診察を待つことにしました。

名前を呼ばれて入ってみると、
独特の雰囲気を持つ先生とご対面。
診察してもらったら、
特に症状とか、原因とかを言われずに、
薬を処方してもらいました。

顔は他の皮膚の10倍デリケートだから、
薬は薄く塗るんだぞとか、
コーヒー、酒、チョコレートは刺激物だから食わないようにと言われ、
とりあえず、その指示に従う事にしました。

大丈夫なのかな?
この先生。。。

言われた通り刺激物を避け、

薬を塗って催事期間を過ごしていたのですが、
一向に回復するように思えません。
なんだか予想通り。。。

4日後(だったかな?)にまた来いと言われたので、
また医者へ行ってみたのですが、
渡され薬は同じもので、
言われたことも同じもの。

効くのか?これ??


催事の期間中は薬を塗り続けましたが、
結局催事も終わり、そこまで2時間かけて通う事はできないので、
薬が切れても、そのまま放置。

すると、なんという事でしょう。

気が付けば湿疹は治まり、
なんでもなかったかのように。

う~ん・・・
ヤブ??(笑)

いやいや、もしかしたら、
その薬が効果を発揮しはじめた頃だったのかも。


前にも、出張先で1週間も便秘に悩んだり、
痔が出てきてしまった事がある。
もしかしたら、そういう事?

意外とデリケートな体なのね(笑)

それが本当に原因なのかはわからず仕舞い。
これだから医者ってさ!(笑)

オチも何もない話だったな・・・
いつもそうか(笑)

------------------------------------------------------------------------------------------------------
いつもぽっとありがとうございます!
ランキングが上がることが、結構モチベーションにつながります!
にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ                
-----------------------------------------------------------------------------------