読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一の雑貨屋をめざして。

今までの道のりを振り返ったり、色々とあった出来事を綴りながら、雑貨との出会い、店作りへのこだわりなどを、自分なりに思考整理しつつ、 「最高の雑貨屋さんとはどんなものか」を探しながら記事にしています。

137, 今度は催事のお誘い

催事 新規物件の話

f:id:zaccania:20161114205848j:plain

催事と言えば、紅白幕!(当社比(笑))写真のロディたちは、今回の話に何にも関係ありません(笑)
デパートでよくある物産展などの催し物が「催事」なんですよねー。

 

以前お話をいただいたP社さんから、
またまたお話をいただくことがきでました!
今度は新しく店を出すのではなく、
10日間の短期出店。
つまり「催事」でした。


催事で出店するのは、
賃料も歩率だけの事が多いため条件も低く、
内装もそのまま使えて、什器と商品を用意するだけ。
とても魅力的です。

ただ、本契約ではないので期間が短い。
あくまでイベント的な使い。
だから催し物の場なのです。
そこがネック。

什器をそろえて、
商品をそろえて、
お店を開いきました!

期限が来たので撤収します。

什器はどこへ?
余った商品はどうするの?
結局いくら利益がでたの??

期間が短いと、回収できる額も少ない。
投資に見合うだけの回収が難しいのです。


メーカーさんとか問屋さんが、
自分で持っている在庫を売るのなら、
新たに商品を仕入れなくても、
什器を用意するだけなので、
お店よりもハードルが低い。

小売りだけで商売をしているのでは、
なかなか催事は出店できない。


それはわかっていたのですが、
声をかけてもらっただけでもありがたい!

「やってみなけりゃわからない!」
「なんでもチャレンジ!」

と、自分に言い聞かせて(笑)
とっても前向きにシミュレーションを組んでみました。


什器の余分はないので、買うしかない。
撤収した後の保管は、解体して春日部の倉庫へ入れるか。

商品は、今扱っているもので、残っても売れるものに絞ろう。
長い目で見たら、商品を前倒しに仕入れるだけだ。

期間の売上は什器6本分しかないから、
おそらく1日5万くらいだろう。
10日間だから、おそらく50万の売上。

商品はその倍くらいで150万必要。
でも、最初は100万くらいにしておいて、
売れたら発注してフォローすれば余分な在庫を持たなくても済む。

50万だと、利益の見込みが20万。
その範囲内で人を雇って、什器を買えば・・・

いけるんじゃない?

バカだから、最終的な手元に残る利益を
ゼロで計算してました(笑)


みんなは止めるけど、
やってみなけりゃ、どんなものかわからない!
P社さんと、つながりが持てるかもしれない!

そう考えて、
催事にチャレンジしてみることにしました!


最初に出店のお誘いをいただいたのが2008年9月。
春日部のオープンから10か月目。
催事にチャレンジすることになったのが2009年の5月。
春日部のオープンから1年と6か月目。

お!

1年で1店舗計画もイケるか!?

・・・バカは怖い(笑)

 

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------
いつもぽっとありがとうございます!
「雑貨屋」のランキングを、キャラクター雑貨に変更したのですが、
何か違うな・・・ステーショナリーの店もあるし・・・と、思って元に戻したら、
ランキングも最初からになってしまいました・・・ごめんなさい。。。
愛あるポチをお願いします。。。
にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ                
-------------------------------------------------------------------------------------------------------