読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一の雑貨屋をめざして。

今までの道のりを振り返ったり、色々とあった出来事を綴りながら、雑貨との出会い、店作りへのこだわりなどを、自分なりに思考整理しつつ、 「最高の雑貨屋さんとはどんなものか」を探しながら記事にしています。

77, 新しく加盟オーナーが!

f:id:zaccania:20160622002801j:plain

巨大なサンタが踊る店頭。あちこちに工夫が凝らされていました。

 

会社を始めて2年。
元FC店舗の方々と、独立オーナーさん達で
加盟店数は20店舗近くなりました。

なんとなく、仕入先さんを通して噂が広がったのか、
熱心なオーナーさんから声がかかりました。

福島の方で、
既に50坪強の雑貨店を経営されいています。
とにかく元気で、
毎日売場に立っていて、
休館日は他店のリサーチに出かけ、
とにかく1年365日、休まず毎日働いている。
仕事熱心で、勉強熱心なオーナーさんです。

茨城のオーナーがとても素晴らしい店を作っているという話を聞いただけで、
お店の運営の仕方を聞きに、わざわざ足を運んだり、
その他の店にも飛び込んでいたという話も聞きました。

そんなオーナーのお店を拝見してビックリ。
約50坪の店内に、ところ狭しと商品が並び、ボリューム満点。
喫煙具と香水の量は確実に地域ナンバーワンの品揃え。
キャラクター雑貨もほとんど扱っていて、
ジュニアの文具もバッチリそろってます。
地域一番で、かなりの売上を作っていました。

それなのに、人の意見をきちんと聞いて、何でも教えてもらう。
腰は低く、勉強熱心な姿に感動さえも覚えたくらいです。


このオーナーさんと店舗運営支援の契約を結び、
加盟店となっていただいて、何度かお邪魔させていただいた事があります。

社長やバイヤーが何度か足を運んで、
お店のレイアウト変更や、他のお店で好調な商品を提案して
導入を打ち合わせを行い、
実際に棚替えするぞ!となると、僕もついて行ってお手伝いしました。


しかし、東京←→福島は遠い!

最初は、バイヤーの運転で、社長と僕の3名で。
後に何回かは、社長の運転で。
(実は僕、その頃車の免許を持っていませんでいした。とほほ。。。)

パトカーのお世話になった事が1回(笑)
横で船をこいでいる(コクン、コクン…と)社長にビビった経験も1回。
なかなかスリリングな旅でした(笑)


まったく知らないお店、知らない什器、知らないレイアウトは楽しい!
とても新鮮です。
こんな什器や備品を使うのか~。と、色々勉強になりました。

特に「結束バンド」の使い方が絶妙!
ネットを組み立てて什器にしていたり、
あちこちに結束バンドが使われていたのですが、
結束バンドなんて、バイクのパーツを止める部品くらいのイメージだったので、
なるほど!と関心しました。

それ以外にも、
星空のように天井を埋め尽くす電飾とか。
店内を走る鉄道模型とか。
一生懸命お店を楽しく演出してきたんだ!という工夫が
あちこちにちりばめられています。

やっぱり、お店を作る側が楽しんでいると、
お客様にも楽しさが伝わる。
だから、地域一番で愛される店になるんですね。


オーナー夫婦の温かい雰囲気につつまれた、とても頑張っているお店。
実はこの後、怒濤の快進撃を続ける事になります。
それは、また今度!


福島遠征の後。
社長の運転にビビッたからではないのですが、
その後に僕も車の免許を取りました。
教習所1回おかわりをして2件目(笑)

1回目は、未公認だったの通わなくなってしまっのです(あーもったいない)
2件目は一発合格。だって、経験があるんだもの(笑)

公道はバイクでバンバン走り回っていたので全然平気。

晴れて免許を取って
車を運転するようになってみると、
社長から「トラックを運転しろ」と言われる事も。
レンタカーの2トン車。
しかも、千葉から水戸までの長距離!

本当、色々な経験をさせてもらいました・・・(笑)
この話も、機会があったらお話しますね。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
ランキングにも参加してみました。よかったら押してやってください。

にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ                
-------------------------------------------------------------------------------------------------------