読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一の雑貨屋をめざして。

今までの道のりを振り返ったり、色々とあった出来事を綴りながら、雑貨との出会い、店作りへのこだわりなどを、自分なりに思考整理しつつ、 「最高の雑貨屋さんとはどんなものか」を探しながら記事にしています。

72, ついに直営店がオープン

倒産後に設立した新会社の話

f:id:zaccania:20160605193134j:plain

当時の写真。デジカメの画素数が35万くらいだったかな?
こんなちっちゃい写真しか残ってないけど、あるだけ奇跡!!

 

オーナーさんの新規出店や独立をサポートするようになって、
物件の案内がたくさん来るようになってきました。

その中で、見込みがあるけど、
出店できるオーナーさんがいない物件もあります。

その1つ。
都内の物件で、
ついに直営店の出店をする事になったのです。
会社を立ち上げてから3年目の出来事。


・・・あれ?

この会社、3年で解散するって話だったような気が・・・。


会社設立の時に、確か社長からそんな話があったような。
新規出店が立て続けにあったので、すっかり忘れていたなぁ。


まあ、いっか。
他に行くアテも無いし。


新店の店長はバイヤーが兼任する事になりました。
兼任というよりも、バッチリ店長として店頭に立つようです。

バイヤーは、前の会社で店長としての経験も長く、
今の会社になってからバイヤーとしても業務をこなしながら、
店舗の巡回もしていました。

僕と違って、
とても仕事ができる、大ベテランです。

 
倒産した前の会社でも、
新規事業の立ち上げでバイヤーをやっていて、
その頃から情報量もすごかったのに、
新しい会社になってからも、
様々な仕入先さん、メーカーさんとのパイプもでき、
情報量、商品力がとにかく豊富な方。

そんなできる人が店舗に入るというのはもったいないんじゃないかな?
という風にも思えましたが、
店舗では、店舗でしかできない事もありますものね。
仕入先の開拓も一段落したので、
社長に何か考えがあってのことだったのでしょう。


そんなバイヤーが作ったお店。
最初の商品構成はとてもユニークなものでした。

いつもなら、新しく店舗を作る時は、

キャラクター雑貨、
昔からのZIPPOや喫煙具、
アメ雑などのインポート商品、
ぬいぐるみ、
売れていたアイドルグッズ、
ファンシー文具、
バッグなどが中心だったのですが、
それ以外にアパレル商品や雑貨が多くセレクトされていました。

普通、雑貨屋さんが扱うアパレルは、エプロンとかパジャマくらい。
服飾雑貨は、アクセサリー、マフラーや、帽子、手袋、サングラス、腕時計、靴下、ハンカチ程度のものですが、
バイヤーのセレクトには、ジーンズやベルトまであって、
ファッション雑貨の幅が広がっていたのです。

僕には到底、思いも付かないような構成。
どこから商品持ってきたんだろう??


最初の3ヶ月は、オープン景気もあったと思うのですが、
かなり好調な数字を出していました。
よかった~。


この頃、僕は。。。
相変わらず役立たずだったような気が。。。
周りは素晴らしい人たちなのに、残念だなぁ。。。

その残念な僕ですが、
バイヤーの代わりに店舗巡回をやれという話になってきます。

今までは、山陰地方、埼玉のお店だけでしたが、
新たに埼玉の別のオーナーの2店舗と、
新潟の2オーナーのお店3店舗も加わりました。

僕なんかが行って役に立つのだろうか。。。

このバイヤーの後任というプレッシャー。。。

うーん。
当たって砕けるか。


砕けられてもオーナーが困るだろう!
まだまだ甘ちゃんだったな。。。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
ランキングにも参加してみました。よかったら押してやってください。

にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ                
-------------------------------------------------------------------------------------------------------