読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一の雑貨屋をめざして。

今までの道のりを振り返ったり、色々とあった出来事を綴りながら、雑貨との出会い、店作りへのこだわりなどを、自分なりに思考整理しつつ、 「最高の雑貨屋さんとはどんなものか」を探しながら記事にしています。

65, 自由度が高いオーナー店長のお店。

f:id:zaccania:20151208132748j:plain

鳥取と島根のように、僕にすべてを任せてくれた場合は、
自分の思うようにお店をコントロールできるので楽でした。
もちろん、結果が伴わないとならないので、そのプレッシャーはありますが。

 

オーナーさんのお店に行く場合は、勝手が違います。

僕の会社の社長がラウンドをする場合は、
絶対にこうした方が、オーナーのためだ!
という確固たる自信がありますので、
自分が正しいと思ったら、遠慮なく言って説得してました。

それが必ず当たるし、
何よりも、オーナーさんのためを思った意見なので、
この人の言うことなら。
と、信頼して意見を交換し、納得できるまで話し合います。


僕も、そのくらいの気迫でオーナーと向かい合えれば良かったのかもしれませんが、
まだまだ経験不足だったのでそんな事はできません。

なので、あくまで相談役、提案役、お手伝い要員として頑張りました。

オーナーさんのやりたい事を実現する、お手伝い役です。

 

直営店の店長だった頃は、
会社の方針には従わなければならかったので、
自分で思い通りに店も作れない気持ちもあったはず。

お店をやりたくて、自分で独立してまで店舗を運営しているのですから、
店作りに対する思い入れ、
自分の自由にお店をやりたいという気持ち、
たくさんのものを持って経営しているのですものね。

 

その中で、特に個性を発揮したお店がありました。 

僕の担当していた埼玉のお店で、
ここではオーナーさんの趣味が多く取り入れられています。

直営点では取り扱いが薄かったアクセサリーは、
ボディーピアスを取り入れるまでに広がりました。

アメリカンジョークグッズだった輸入雑貨は、
マニアックな商品であふれ、
今まで見た事もない商品があふれています。

想像を超えた方向転換ぶりでしたが、

これが楽しい!!

こんな商品あったんだ!!

と、感動してしまいます。


こういう自由度の高いお店作りができるのが、オーナー店長の強みですよね。
マニアックな商品は、お客様を呼んで盛り上がってました。


もちろん、自分の好みだけで商売をやっていたわけではなく、
駅ビルだった特性も生かしての品揃えだったのだと思います。

学校帰りの中高校生が多いので、
それに合わせてハードなアクセサリーを展開したのでしょう。

ボディーピアスは、当時の流行でもありました。
アクセサリーは原価も安いので、利益が取れます。


マニアックな商品は、それとは逆に仕入れが高かったりするのですが、
中には値段があってないような商品もあり、
自分で値段設定ができる強みもあります。

何より、話題性が高く、
他には売っていない商品もあるので、穴場的なお店になります。

 

 

f:id:zaccania:20151208133113j:plain

当時ナイトメアの商品を扱っていたのは、この店だけ!
店長が好きだったのですが、僕もその魅力に引き込まれてしまいました。

今、この写真の商品があったらすごい事になりますよ!!
それくらいにプレミアものが集まっていたのです。

アメ雑を勉強できたのはこのお店のおかげ。
本当に面白いお店でした。

 

ただ、趣味のものは回転が鈍いのです。
売れる頻度が少ない。= 欲しい人が少ない。
という事です。

その分仕入れが多くなりがちですので、
利益がどんどん在庫に変わってしまいます。
当時はまだ売れていたから良かったんですよね。

 

こんな商品に囲まれて、色々と商品の勉強しながら、
楽しんでお手伝いさせていただきました。
僕の引き出しが多くなったのは、この頃の経験からなのです。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
ランキングにも参加してみました。よかったら押してやってください。

にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ            
-------------------------------------------------------------------------------------------------------