読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一の雑貨屋をめざして。

今までの道のりを振り返ったり、色々とあった出来事を綴りながら、雑貨との出会い、店作りへのこだわりなどを、自分なりに思考整理しつつ、 「最高の雑貨屋さんとはどんなものか」を探しながら記事にしています。

62, アルバイトでも、お店ができるようにする!?(2)

f:id:zaccania:20160513191158j:plain

WOOOOOOOO!! またか!!
巡回先、アウェイな中で、担当と頑張る!



担当していた鳥取の店も、
社員が辞めてアルバイトが店を見る事になってしまいました。
(島根とどっちが先だったのかな?記憶が・・・)

アルバイトスタッフも、やっぱり人それぞれ個性があります。
その個性に合わせてやり方を変えていました。

前回は、自分の好きな事を中心にして、
他に広げていくケースでしたが、
今回は、自分の苦手なものも、
きちんとできるタイプ。

何でも吸収しようという意識があり、
とても助かります。

周りや、他のスタッフ、僕にさえも気を遣ってくれて、
話もしやすく、やりやすい。

「売上を作る」という目標をあげると、
そのために必要であれば、
苦手なものでも進んで取り組める素晴らしいスタッフです。

 
鳥取の担当のスタッフは、
ふわっとしたかわいいものが好きだったのですが、

そのお店は、ロードサイドなので、
車での来店が多く、今で言うドンキホーテのような客層のお店でした。

当然、そういうタイプのお客様が多いので、アメ雑風の商品が人気です。

スカル(骸骨)、HENP(大麻草)の形をしたエアーフレッシュナー、
お香、クリップライト、ウーズチューブなど、
アンダーグラウンドなテイストの商品ばかり。

担当の趣味とは、
まったく逆の世界です。

 
それでも嫌がる事もなく、
「売れている「売れていない」
で判断してくれます。

こうなると、純粋に売上を作るために、
何が必要かという打ち合わせが多くなってきます。

何をやるか決めて、それを次のラウンドまでにやっておいてもらう。

楽に思えますよね。

でも、こっちの方が大変でした。


売上が上がるか下がるかは、すべて僕の采配にかかってきます。
特に
好き、嫌い、
やりたい、やりたくない
がないので、

次はこれをやろう!となったら、きちんと動いてくれます。
結果が出るかどうかは、僕のプランにかかってくるのです。
責任が重大。

おかげでたくさんの引き出しが身につきました。

 
試行錯誤を繰り返しながら、共に頑張ってもらう。
たぶん、その子の人柄で、それができたんだと思います。

うーん。

「アルバイトでも、お店をできるようにする」とか言いながら、

実は気を遣ってもらって、結果として店が営業できたなんて。
何の参考にもならないや(笑)

上司がダメだと部下が育つって言うけど。

それが本当のコツだったら。。。

 

僕は最高の上司になれそうだ(笑)

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
ランキングにも参加してみました。よかったら押してやってください。
「雑貨村」は始めたばかり!まだ115位です!清き一票を!

にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ            
-------------------------------------------------------------------------------------------------------