読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一の雑貨屋をめざして。

今までの道のりを振り返ったり、色々とあった出来事を綴りながら、雑貨との出会い、店作りへのこだわりなどを、自分なりに思考整理しつつ、 「最高の雑貨屋さんとはどんなものか」を探しながら記事にしています。

58, 模造紙で工作

f:id:zaccania:20160509130207j:plain

 

数字や売上構築の手立てを打ち合わせしてから、
商品に手を入れさせてもらうようになってきた頃。
ディスプレイや売場のレイアウト、商品の配置などに手を加えるだけでなく、
何かもう一工夫ないか?と考えました。


以前に倒産した会社の本社で働いていた時。

アルバイトをしていた千葉のお店の店長が、
当時入社したての社員で、仲が良かったヤツになりました。
古巣に恩返しがしたい!
(というよりも、自由にやらせてくれそうだったので(笑))
という事で、
クリスマスの雰囲気作りのため、
暖炉を作ろう!と提案しました。

暖炉ですよ。暖炉。
店の中に、生産性のない巨大なもの。
バカじゃないのか?(笑)

前にも書きましたが、当時の中では巨大な80坪の店。
(はみ出して使っている部分を合わせると90坪以上)

場所もあるし、元バイトの言うことだし、
「じゃあ、やってみて!」という事になりました。
ありがたや。ありがたや。


さて、どうやって暖炉を作ったのか?

さすがに本物のレンガを積むほどバカじゃなかったので、
段ボールにカラーコピーでレンガの模様を貼り付け、
それを組み合わせて暖炉を組み立ててみました。

レンガ柄の段ボールがたくさんあるイメージです。
これが、意外とよく出来た。
 
いつものツリーだけのクリスマスではなく、
ちょっと違った雰囲気でクリスマスを作る事ができました。
実際に、経費対効果があったかどうかは別として(笑)


料理も、器を変えるとおいしそうに見える。
商品は雰囲気を作って、価値を高める。
今でもこの考え方は店作りの根っこにあります。

 
その頃の経験を踏まえて、
今度は埼玉のお店で、なにやら良からぬ事を提案しました、

「店長!木を作りましょう!!」


・・・気が触れたのか??

そう思われたのかも仕方ないような提案(笑)

プーさんや、トトロのコーナーの雰囲気を盛り上げたくて提案しました。


使用するものは「模造紙」のみ。
茶色と焦げ茶の模造紙をうまく組み合わせて、
それを円錐状に丸めて木の幹にします。

次に、緑と黄緑の模造紙を、
葉っぱの形でたくさん切り抜き、ネットのようなものを作ります。
それをひねりながら天井から下げると、
見事!木の葉っぱになりました。

くりぬいた木の葉は、
あちこちにちりばめて、商品の装飾に使います。

黄色い模造紙に、
黒のペンでプーさん横顔と、”Pooh”の文字、
なんとなくカッコイイので、コピーライトの文
( "Winnie the Pooh" works by A.A. Milne and E.H. Shepard.というの)
を入れて完成。

 

f:id:zaccania:20151207143531j:plain
昔の写真で残っていたのはこれだけ。
木と葉っぱは残念ながらなくなってます。
プーさんのメイン看板も、ぬいぐるみで隠れてしまってます。残念!

 

次はスヌーピ-。
黒い模造紙をスヌーピーの足の形に切り抜いて、
天井に足跡として張り付けました。

水色の模造紙に黒のペンで看板を書いて完成。

 

f:id:zaccania:20151207143751j:plain
写真だと、ちょっとかっこわるいですね。。。
スヌーピーの上にちょこっっとだけ足跡が見えています。

 
こんな風に、陳列以外で経費をかけずに、
いろいろと工夫しながら、少しでもお役に立てればと思っていました。
(この後も、あちこちの店模造紙は大活躍する事に。)

 

今見るとシロウトっぽさ丸出しだな・・・

役に立ってたのかな???

----------------------------------------------------------------------------------------------
ランキングにも参加してみました。よかったら押してやってください。
小売・飲食業 ブログランキングへ          
----------------------------------------------------------------------------------------------