読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一の雑貨屋をめざして。

今までの道のりを振り返ったり、色々とあった出来事を綴りながら、雑貨との出会い、店作りへのこだわりなどを、自分なりに思考整理しつつ、 「最高の雑貨屋さんとはどんなものか」を探しながら記事にしています。

54, 初出張!

f:id:zaccania:20160502123134j:plain

まさか僕がスーパーバイザーのまね事をする羽目になるなんて…
そんな事態は考えた事すらありませんでした。

でも、やる事になったから仕方ない。
なんでもチャレンジ!


担当店舗が近場だったらよかったのですけど、
山陰地方だったので飛行機です。
(実は飛行機大好き!)

朝の4時に起きて、
隣の駅まで荷物を持って歩いて行き、
(最寄り駅の始発では間に合わなかったので別の線まで行ってました)
そこから電車に乗って7時前に羽田空港に到着。
羽田までが遠い。。。

楽しい飛行機にり、
飛ぶ瞬間をわくわくしながら待っていると、
いつの間にか爆睡。。。気がつけば空の上。。。

空港に到着してから市内までバスで30分。
到着した島根県の駅は、
なーーーーんにも無い、古びた駅舎。
(今は改装されて、見違えるほどキレイになっています)

少し仕事をしてから行こうにも、
喫茶店はないし、コンビニすら無い。
隣に地元百貨店はあったけど、
10時開店、18時閉店という驚きの営業時間。
カルチャーショックでめまいがしそう(笑)

仕方ないから駅のベンチで仕事をして、
バスで10分のお店に向かいました。


緊張しながら、それでも平静を装うようにお店に入って行き、
まずは店長他スタッフにご挨拶をします。

このお店の店長は、研修の時にわざわざ東京まで来てくれた方。
その時、いっしょに来たサブの方もいました。
お店の担当の子が2名。
二人とも、研修に来てくれた事がある子でした。
顔見知りの人がいるとほっとします。

それでも、初めての店舗巡。
見よう見まねで数字の打ち合わせや、売場の展開を計画。
研修では教える立場だっただけに、
しっかりとしなきゃ!と必死。
不慣れながらも、
お店のために、この子達のために!と頑張りました。


みんな真面目でとても良いスタッフです。
所変われば人も変わると思っていたのですが、
島根県は、関東、都内のお店の子と何に変わらない。

ただ、情報量が少ないだけで、
それさえあれば、きっと良い店が作れるはず。
そうできるように頑張ろうと、
最初の1歩を踏み出した日でした。

 

 ----------------------------------------------------------------------------------------------
ランキングにも参加してみました。よかったら押してやってください。
小売・飲食業 ブログランキングへ          
 ----------------------------------------------------------------------------------------------