読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一の雑貨屋をめざして。

今までの道のりを振り返ったり、色々とあった出来事を綴りながら、雑貨との出会い、店作りへのこだわりなどを、自分なりに思考整理しつつ、 「最高の雑貨屋さんとはどんなものか」を探しながら記事にしています。

52, 初の店舗巡回で・・・

倒産後に設立した新会社の話

f:id:zaccania:20160430003242j:plain

 

ある日、社長から、店を見ておいた方がいいだろうと、
店舗へ巡回に行くようにいわれました。

行き先は大先輩のお店。

うおー!緊張する!

 
そもそも僕なんかがお店に行ったところで、
オーナーさんからすれば時間の無駄。

店舗経験は浅いし、
販促にいたと思ったら営業企画、新規事業と部署を転々として、
気がついたらパソコン係と、消耗品作成係だったのですから。

せっかくの社長と話せる時間が、アホな若造が来たから、
その相手をしなきゃならない無駄な時間になってしまう。
毎月運営費と納めてるのに、こんな役立たずが回されて、
ハズレを引いた気分だったと思います。

 

何をしたらいいのかわらかないので、
とりあえず、数字を分析して、現状をチェックして…と、
社長のまね事をしてみました。。。

テンパったキャリアも浅いガキンチョは、
大先輩に偉そうにアドバイス申し上げるなんて、
そんな無礼きわまりないような事をしてしまったところ、
案の定、煙たがられました。(そりゃそうだ)


うわ~。。。どうしよう。。。

 

自分なりに、気がついたことを伝えたつもりだったのですが、
ふざけていると思われたのか、
厳しい事を言われたのを覚えています。

 
そりゃそうですよね。

月に1回、社長と話ができる日が、こんな小僧が行ったのですから。
面識があっても「なんだこいつ」と思われても仕方ないです。
そんな小僧が、売場の事を言うなんて、
生意気なガキだと思われても仕方在りません。
 
しかも、巡回の交通費は契約上オーナーさん持ちです。
都内ならまだしも(事務所は都内でした)遠隔地の交通費はバカにならない。

独立したオーナーさんは、どうにかこうにか資金を工面して、
お店を作ったばかりなのです。

それなのに、こんなのが来て交通費まで払わされて。
ハズレを引いた気持ちだったと思います。

 
悔しいけど、何もできない。

 
1回で済めばよかったものを、
社長から、また行ってこいと言われてしまいます。

役立たずがまた来た。
そう思われていたのかも。

次に行った時は、予算を渡すから何かしてくれと言われました。
何も仕事しないわけにも行かないし、でも売上の分析などでは役に立たない。
大先輩の最大限な優しさですね。
本当に、ありがたい事です。


その店は、営業年数も長く、前の会社でも古いお店でした。
天井がさみしかったので、
スチレンボードと針金を買ってきて、空を作る事にしました。
薄暗い雰囲気を明るくしようと思って。


スチレンボードを雲の形に切り抜き、天井と平行に吊す。
それを水色と白で何枚か作り、高さを変えて吊すというもの。

こんな仕事でも、やらせてくれたのは嬉しかったですね。
ありがたいことです。

このくらいしかできないのが残念だった。。。
あー悔しい。

 
この話とは別で、半年経った頃の話。
社長に、他店を社長の代わりに巡回しますか?と聞いた事がありました。
その時言われた一言は

 
「おまえが言っても何の役にも立たないだろ」

 
確かにその通りなのですが、悔しかったな~。
尊敬する方々に言われたから余計悔しかった。
心のどこかで、認めさせてやる!と思いながらも、
ボッコボコに凹まされました。

まあ、でも
僕が店をやってる所をお二人とも見ていないわけだし。
いつかチャンスがあれば、目に物を見せてくれるわ!
なんつってー!

この頃は、自分で店をやるなんて、
これっぽっちも考えていなかったので、
挽回するチャンスなんてありゃしない。
と、思っていたのですが、

巡回店舗を持つようになって、
自分を磨く機会も増えてきたのでした。
このお話は、また後日にでも。

----------------------------------------------------------------------------------------------
ランキングにも参加してみました。よかったら押してやってください。
小売・飲食業 ブログランキングへ          
 ----------------------------------------------------------------------------------------------