読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一の雑貨屋をめざして。

今までの道のりを振り返ったり、色々とあった出来事を綴りながら、雑貨との出会い、店作りへのこだわりなどを、自分なりに思考整理しつつ、 「最高の雑貨屋さんとはどんなものか」を探しながら記事にしています。

15, ダンヒルがない!?

昔働いていた雑貨屋さん

f:id:zaccania:20160126183957j:plain

ショーケースで喫煙具を展開していました。写真はかなり新式のケース。
旧式は、自分でスタンドや備品を駆使して陳列するタイプ。
ドミノみたいにぱたぱたと倒れてしまう事も(笑)

 

当時、会社の看板商品の1つに喫煙具がありました。

レノマ、トラサルディイヴサンローランなど、有名ブランドのライターや、MONOマガジンなどで特集が組まれる事が多かったZIPPOなど、多種多様な喫煙具がショーケースの中に入れて売られています。

その中でも、目玉商品だったものが、ダンヒルのライター。

1本で3万~5万以上。
売れる頻度は少なかったものの、売れるとそわそわしちゃう高級品です。

 

そんなものがある雑貨屋さん。
会社のうたい文句に「ダンヒルからうんちまで」と言っていました。
(うんちとは、以前にPOPの話で出てきた「うんち灰皿」のことです)

 

喫煙具は、すべて鍵付きのショーケースに入っていました。
お子様が触って火傷にならないように、安全対策のため。
そして、万引きが多い商品でもありますので、防犯のためでもあります。

他の店でショーケースの鍵を開けた瞬間に、ガバッ!と喫煙具を盗まれたとか、
小型のショーケースに入れて店頭に出していたら、それごと無くなったとか。

もう、強盗。

万引きなんてコソコソとした話じゃないような事も起きていたようです。

そのため、ショーケースの中にはお客様が直接手を入れないように、自分で商品をとってお渡しするようにと教育されていました。
ショーケースの扉の中に自分が入って、商品を体で隠しながら接客するという方法も教わっていたくらい、狙われやすい場所だったのです。

ショーケースの鍵はレジの中にあるのですが、スタッフしか手の届かない、ちょっとみつけにくい場所にあります。
一般のお客様では、普通入らないような場所です。

売れるけど、リスクも大きな商品でした。
 

千葉でアルバイトをしていた時、万引きの話はほとんど聞きませんでしたね。
ショーケースが襲われた事も無かったと思います。
子供が少なく、学生が時々来るくらいのお店だったからかな?
そのため、万引きの免役がまだまだ付いていなかったのですが、
ついにその日がやって来る事になってしまいました。。。


その日は、普段と同じく、朝出勤して掃除をし終わった後の出来事です。

ルーチンワークで「ウインドウ拭き」を出勤時と、休憩上がりに行う事になっていたので、ダスター(ぞうきん)とグラスター(液体洗剤)を持ってショーケースを拭いて回ります。

 

グラスターシュッと一吹き、ダスターで吹き上げ、から拭きする。

グラスターシュッと一吹き、ダスターで吹き上げ、から拭きする。

グラスターシュッと一吹き。。。うん!?

 

あれ!?

ない!?

ダンヒルが、3本ない!?

 
ショーケースの中には、あの高級品、ダンヒルのライターを立てるアクリルのスタンドが残ったまま、ぽつんと立っているだけでした。

鍵はきちんと閉まっています。

昨日の夜に売れたのかな?
でも2本も?
しかも、売ったままでフォローなし?
忙しかったから?

頭の中はぐるぐる回り、その後も、もやもやもや・・・。

遅番で店長が出勤してきた時に確認してみたところ、やはり売ってない。
昨日の夜は確かにあったらしく、閉店後~朝の間に無くなってしまったのです。
 
当時はネットショップやオークションというものがありませんので、商品を換金するには、個人で販売するか、質屋に持って行くのですが、金目のものでなければ買い取ってもらえはしません。二束三文で質に出すのが関の山。

でも、ダンヒルのライターは違いました。
あの商品は質に出せる価値があるので、高値で引き取ってもらえる可能性もあると話を聞いた事があります(実際はわかりませんが)
それでなくても、プライスカードで3万とか5万とか書いてあれば狙われてもおかしくはありません。


しかし、どんなヤツが???

犯人は、鍵を開けたのはわかりますが、わざわざ鍵を閉めて帰っています。
現場を早く立ち去りたいなら、鍵なんて放置する方が普通ですよね。
だって、合い鍵でも無ければ、開けるのはピッキングの手口。

同じ行程でわざわざ閉める?

そんな余裕がある?

それとも、開店してスタッフが来るまで気がつかれないようにするため?

いったい誰が?

閉店まで物陰に隠れていた?

それでも退館はできないのでは?

開店まで隠れながら待って退館した?

それにしてはこんなライターで?リスクが高い割に得るものが少なくない?

館内の誰か?鍵の場所がわかる人?


もう、頭の中はぐるぐるぐるぐる・・・

 
店長と二人で、ショーケースを前に、あれやこれやと話ながら、お互いにもやもやもや…。
結局、事の真相はわからないまま、店長は本社へ報告していました。

まさか自分の店で、そんな出来事に出くわすなんて…。

着任早々の、ショッキングな出来事でした。

 
独立してから、自分の店でも、万引き、盗難、結構あります。

できたらショッピングセンターを作りたい。
そこには、お客様が入館証を作って入る、会員登録制のSC。
そうすれば、犯罪も少しは減るんだろうな。

そんな万引きの、あきれる話は、また後日。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------
ランキングにも参加してみました。よかったら押してやってください。
起業・独立 ブログランキングへ
小売・飲食業 ブログランキングへ           
 ----------------------------------------------------------------------------------------------